事務所が福岡に移転しました

ある日会社に行くと、事務所が移転されることを知りました。それまでは中国地方にあったのですが、福岡で店舗を増やしたいみたいで、突然の出来事だったのでとてもびっくりしました。そして社長がある不動産屋さんに貸してもらえる事務所を探してもらったところ、とても家賃が安い物件を教えてくれたみたいす。経費削減にもなるので、とても納得しました。そして引っ越しと共に住んでいた家からも引っ越しになるので、不安もありましたが、初めての福岡での生活が始まるので、ワクワクしていました。引っ越し先の場所はとても賑やかで過ごしやすい場所です。その結果お客さんも増え、毎月赤字から黒字になりました。とてもいいアイデアを考えてくれた社長には感謝しています。そして少しでも会社に貢献出来るように、新しい場所で頑張っていこうと思っています。

福岡市内での、事務所移転の際の物件探し

福岡市は現在の福岡県の県庁所在地であるうえに、九州一の100万人前後の人口を抱えている巨大都市にあたります。そうした同市内においての事務所の移転に関しての内容になりますが、主に業者が事務所の入居を行っている場所としては、博多区のJR博多駅周辺にあるテナントビルなどが多いといった傾向があります。もちろんその他の天神バスセンター周辺や大濠公園などがある早良区辺りなどにもビジネスオフィス用である物件が少なくはありませんが、やはり公共交通機関の利便性を考えたりしてみると、博多駅周辺辺りに集中をしたりしているといった傾向が強いといえます。事実、地価が日本一高いとされている天神地区などよりもテナントの入居時の敷金・礼金や賃料などが安いなどといった理由もありますが、それでもやはり、交通の便の面においての利便性が一番なようです。

事務所移転は福岡市の適切なロケーションで選びます

福岡県は、九州の中心的産業施設や商業施設が多く建てられています。東京や大阪の支社が、多数設立されている地域の特徴です。そんな福岡市は、県の県庁所在地があります。地域性では、市の中心的存在の博多区や中央区等の繁華街地域が便利です。事務所を利便性の高い中心部に移転させる時には、不動産業者へ相談を行います。また物件探しには、ネットで簡単に探せる不動産システムを利用すると簡単に見つける事が出来ます。事務所の移転には、新たに賃貸契約と初期費用が必要です。敷金や権利金、オフィス・リース費用等の項目で費用がかかります。また引越し費用と新しい移転先の雑費、案内DM等の費用がかかる場合もあります。しかし新しい事務所場所の便利さや集客率、知名度を上げる為に必要な引越しケースもありますので、不動産物件を探す事が有利です。新しい適切なロケーションは、ネット不動産情報を参考にします。