福岡で事務所移転は今が好機ですね。

福岡の人口が国勢調査で全国5位となり、福岡に関しては、人口減少の影響はまだ受けておらず、増加傾向にあるようです。それに伴って、新規で福岡に進出して企業も多く、新しいピルも増えてきているのが現状です。この地に既に事務所があり、手狭になった等で移転をお考えの企業にも大きなチャンスでしょう。人口は増えて、テナントビル等も増えていますが、それが賃料に影響しているかと言えばそうでもなく、賃料に関しては上がってはいません。むしろ、まだ下がっているのが現状ではないでしょうか。しかし、デフレが解消傾向にある日本経済において、市内の賃料は下げ止まるように感じています。そうなれば、今の内に条件のいいところに移転して新たなビジネスチャンスを狙える絶好機かもしれません。一等地の賃料がこんなに安いのかと感じられる物件も散見されますので検討の余地はありそうです。

福岡に事務所を移転する事について

普段、東京に住んでいる人や仕事で東京に来ている人はいますよね。東京は、大きいなビル、大きなマンションが数え切れない位あります。現在もマンションやビルを建設してる所もあります。現在の東京は一極集中が進み、地方から若者は減っているのが現状です。日本政府は、政府の機能を一部移転を検討、試みています。政府だけではなくて、民間企業も東京に集中している所は、一部機能だけでも移転する事が良いのではないでしょうか。特に、事務所を東京だけではなくて、名古屋・大阪・福岡などの地方に移転する事は良いはずです。福岡は、美味しい食べ物・文化・仕事・住むのにも適しています。事務所が福岡に移転して来れば、仕事の交流も活発になりますし、仕事だけではなくて住む点でも良い影響を及ぼすはずです。仕事場が家から近ければ通勤に余裕が出ますし、東京だと朝夕の通勤ラッシュは酷いです。買い物する点でも、今はITの進歩により東京にいなくても商品を、インターネットの通信販売で買えるので問題ありません。今後、若い人から定年者まで様々な方が、地方に住んだり仕事したりして魅力を発掘してもらいたいです。

福岡に事務所移転をする

東京やその他の地方から、福岡に事務所を移転する場合、まずは関係者に連絡することがマナーです。最初は口頭で軽く報告し、実際に移転してからは通知ハガキを送ることをお勧めします。この時に簡単な地図も記載しておくと、分かりやすくて便利です。福岡には貸事務所も多いため、必ずしも購入する必要はありません。資金が不足しているようであれば、まずは小規模スペースを借りるところから始めていきます。本社が東京にあり、地方での仕事がしやすいように事務所を設けるということもよくあることです。この場合、福岡などの主要都市に設けることが多くなっています。軌道に乗ったらまた場所を移すことも考えられるため、あまり大規模なものにしなくてもいいかもしれません。一時的に利用する場として考えるのなら、貸しタイプを利用した方が効率的です。